スポーツ外傷・障害

長崎の部活動応援隊!!

「今週、どうしても出たい試合・大会がある」

 

スポーツに頑張る患者さんを全力でサポートいたします。
住吉整骨院 針灸院は一生懸命なあなたの声に応えます。

スポーツ外傷やスポーツ障害などのスポーツによるケガ!!
住吉整骨院 針灸院ではケガによる体の痛みを短期間で治療いたします!!

「しっかり練習したいのに、痛みでなかなかできない」
「早く治して大会や試合に出たい」

 

住吉整骨院 針灸院ではそんなスポーツのケガで悩むアスリートの方を全力でサポートすると共に、少しでもケガの発生を防ぐためにも身体の「改善」を目的とした施術行っていきます。
当整骨院は、より早期回復を目指し症状に合った様々な施術を行っています。特に長崎では数少ない『アキュスコープ』『ハイボルト+超音波 コンビネーション治療』という治療器はスポーツ外傷に力を発揮します。
院長は、高校サッカー・バスケットのトレーナーや プロのJリーガー、バドミントン、バレーボール選手の治療経験もあります。
バスケット・野球・テニス・サッカー・陸上・水泳・バレーボールなど等、その競技によってよく起きるスポーツ障害があります。そのストレッチ法やテーピング法などの対処法をお教えします

 

スポーツ外傷とスポーツ障害とは

スポーツでのケガというのは外傷と障害にわけられているのはご存知でしょうか?
わかりやすく表現すれば、突然起こるケガと何回も繰り返し使うことで痛みを持ってしまったケガの2種類です。
近年では、小学生のスポーツによるケガも頻繁におこり、スポーツ外傷・障害の低年齢化が目立つなど、スポーツにおけるケガも頻発化しております。
最近のお子さんの傾向としては、身体の使い方に問題があるようにも感じ、しっかりとした体本来の使い方の指導などを行うことが必要です。ケガを起こすリスクをおさえ万全の態勢で練習や試合に臨むことで100%のパフォーマンスをだせるようにサポートさせて頂きます。

 

スポーツ外傷とは?

スポーツ中の転倒や衝突などによって起こる捻挫や打撲、骨折、肉離れ・靭帯損傷などのケガのことを言います。
主に、スポーツ中に無理な力がかかったり第三者から加えられたりすることで起きるケガになります。
症状は軽度のものから重度のものまでありますが、例え軽度のものでも筋肉や靭帯が損傷していたり、組織が破壊され炎症している可能性があります。
腫れや炎症が伴うケガの場合は、早期の冷却(アイシング)や十分な安静が必要です。
早期の適切な治療は、ケガの再発や悪化を抑えるためには必要不可欠になります。
まずケガをしてしまったらきちんと治療を受けることが大切だと覚えておきましょう。

 

スポーツ障害とは?

例えば、陸上選手など走るという動きが多いことで起こるシンスプリントやサッカー選手に多い鼠径部痛症候群、テニスプレイヤーに起こりやすいテニス肘、野球選手に起こる野球肩など、いわゆるオーバーユース(使いすぎ)にて引き起こされるケガのことを指します。スポーツ障害は、肉体的な要因もしくはスポーツの環境的要因で起こります。
だからこそ、突発的に起こるスポーツ障害とは違い未然に予防が可能になってくるわけです。
ささいな違和感なども放って置かないことが大事です。

 

RICE

R ( レスト 休息 )
I ( アイシング 冷やす )
C ( コンプレッション 圧迫 )
E ( エレベーション 挙上 )

基本的には、受傷直後は、「RICE」処置を行いましょう。

 

月・水・金曜日は夜8時まで受付しています。

  

住吉整骨院 針灸院

当院風景

長崎市千歳町3-8 長崎銀行ビル3F

Tel: 095-843-4766

> アクセスについて

整骨院 ホームページ制作

Scroll Up